« 2005年8月14日(日) | トップページ | 2005年8月16日(火) »

2005年8月16日 (火)

2005年8月15日(月)


今日のお話は「カミナリ」
地震・カミナリ・火事・親父と、恐いものの代表の一つ。
とは言っても、最近の「親父」って恐いのか?(-_-#)
雷雲は地表の空気が強烈に暖められ、急激に上空に
上がって行き発生し、雲低がマイナス電子、上部が
プラス電子になり互いが引き合って起こる。
マイナス電子が地上のプラスと引き合った時に起きる
のが対地雷撃(落雷)です。 

《夜の画像です》
濁流を撮影した瞬間、目の前で落雷!(マジびっくり)
この電流は10億ボルトと非常に高く、放電した稲妻の
電流で熱せられた空気は3万度に到達する。
瞬間的に膨張した空気が大気を振動させる音が雷鳴。


« 2005年8月14日(日) | トップページ | 2005年8月16日(火) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2005年8月14日(日) | トップページ | 2005年8月16日(火) »