« 解体作業 その2 | トップページ | お風呂 »

2006年3月 4日 (土)

スタンホープに行きました。

BIMOTA TESI-1D Folgore Bianca が10ヶ月ぶりに帰ってきました。
10ヶ月もの時間を費やし、一体どんなチューニングを施したのか!?
なんて思われるかも知れませんが、リアのキャリパー&ブレーキホースの
交換とステップ周辺の加工だけなのです。(^.^)

《Front》
久しぶりに見るとやはり不気味に感じてしまうフロント周り。
06-03-04-1
(画像クリックで拡大表示します)

《Rear》
せくすぃ~で一番好きなアングル。
06-03-04-2
(画像クリックで拡大表示します)


« 解体作業 その2 | トップページ | お風呂 »

コメント

エルフのFサスを彷彿とさせますね・・・w
実物を見てみたいです(^^ )

投稿: 龍@R6 | 2006年3月 6日 (月) 21時28分

エルフのFサスとは、若いのに随分と古い話を知ってるね。
初めて実物を見ると 「どっちが前!?」 って思うかも・・・

投稿: りゅーぢ | 2006年3月 7日 (火) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解体作業 その2 | トップページ | お風呂 »