« 苦肉の策? | トップページ | プラスチックの補修 »

2006年6月 6日 (火)

古物商の認可取得

正式に資格を取りました。
コレがまた凄く面倒で、会社役員全員の経歴書や印鑑証明等を添付し、
さらには自宅まで警察官がやって来て提出された書類の内容が正しいか
(経歴や居住地など)を確認。
そしてやっと認可を受けられます。

《資格証》
こんなに面倒だと分かってれば違う方法も考えたのに・・・
060606


« 苦肉の策? | トップページ | プラスチックの補修 »

コメント

僕も12,3年前に個人で取ろうとして調べたら、色々面倒なので諦めました。その前は簡単に出していたそうですが、「ブルセラ」等善からぬ商売が流行り出し厳しくしたそうです。

投稿: はやと | 2006年6月 9日 (金) 10時39分

なるほどぉ~
そういった商売が横行したせいで難しくなったんですかぁ。

まぁでも問題なく取得できて「ほっ」としました。

投稿: りゅーぢ | 2006年6月 9日 (金) 15時54分

なぜか私も個人でこの資格持っていたりします。
許可証は「機械工具商」となっています。
やはり、認可申請の時、家に公安が来ました。

投稿: 松永 | 2006年6月 9日 (金) 23時58分

やっぱり訪問されましたか・・・
別に悪い事した訳でもないのに制服着た人が尋ねてくると
ドキドキしちゃいません?
私はドキドキしました。(笑)

投稿: りゅーぢ | 2006年6月10日 (土) 01時17分

僕は以前勤めている会社で、会社に入ろうとしたら呼び止められ、いきなり社章の様な物見せられ、一瞬把握できず「ちょっとそこどいてくれるかな」と言い良く見たら国税局の査察官でした。あれは焦った(汗っ)マルサの女と同じでしたよ。

投稿: はやと | 2006年6月12日 (月) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦肉の策? | トップページ | プラスチックの補修 »