« 完成したヘルメット | トップページ | 練習、練習 »

2008年3月20日 (木)

ツナギの比較

新しいツナギは気のせいか?着ていて軽く感じる。
裁断方法の違いからなのか?
はたまた実際に軽いのか?
クシタニHP によると衝撃吸収材が新しくなり、それまでのモノより軽く、水分を
吸わない素材の 『K-フォーム+』 になったのだとか。
この衝撃吸収材は “弾まない” ってのがGood!
いくら衝撃を吸収してくれても弾んでしまうと、転倒した際にアスファルトの上を
跳ねてしまい、大きな怪我に繋がる可能性がありますからね。


《重さ比較》
脚立の上に計りを載せて紐を掛け、そこに吊り下げてみた。

0803201


《旧ツナギ》
古いって言っても作ってからまだ1年半しか経ってないのだが・・・

0803202


《新ツナギ》
1kg近く軽い!
とは言っても、新しいのはウエストを2cm細くした分だけ軽くなってるし、古いのは
バンクセンサーが擦り減っている分だけ軽くなってるから正確なデータではないが
明らかに軽くなっているのは事実らしい。
*表示重量はハンガー込みの数値です。

0803203


« 完成したヘルメット | トップページ | 練習、練習 »

コメント

最近はツナギ界にも色々な技術が来てますよね~

先日の筑波ツーリストトロフィーのブリーフィングで、
脊髄パッドだけではなく、胸側もパッドを付けるようにっ
っていう説明がありました。

安全性が高められるっていうのはイイことですね^^♪

投稿: しょう@びゅ~える日記 | 2008年3月21日 (金) 18時25分

>しょうさん
胸側のパッドなんてものまで推奨されているとは驚きです。

しかし、ツナギもハイテク化してますよね~
そのうち勝手にハングオンしてくれるようになったりして・・・(笑)

投稿: りゅーぢ | 2008年3月21日 (金) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完成したヘルメット | トップページ | 練習、練習 »