« 鈴鹿です! | トップページ | 鈴鹿でのスナップ写真 »

2008年7月18日 (金)

マジで目眩が…

マジで目眩が…
マジで目眩が…
マジで目眩が…
路面が乾くのを待ってから走行開始。

燃費計算もしなくてはなので1本目は燃料を満タンにしてレースアベレージでの走行となったのですが、コレがまた予想以上の暑さでした。
マジで辛かったけど、自己ベストを1秒ほど更新し27秒台に突入〜
満タン&52℃という路面温度だったから、まずまずかな?

でも、相方さんはオーバーヒートに見舞われてしまい殆んど走れず…
そしてここでもスポットクーラーが大活躍。

2本目の走行もまた大忙し。
急遽リアショックを交換するコトになり(走行開始20分前になってから)カウルやマフラーを外してバタバタと作業開始。
『いくらなんでも間に合わないでしょ?』
と判断し、着替えもせずのんびりしてたらビックリ仰天!
なんと10分で作業完了。

『リアサスを脱着する為にどうやってバイクのリアセクションを吊り上げるのかな?』
って思ったら…
なんと人力っすよ!?
それも一人で。
トライアンフ高槻のスタッフさんって、ほぼ素手でタイヤ交換しちゃう人もいるし、どんなショップなんでしょ?(笑)

んで交換したサスは基準値のデータすらなく、ゼロ(ってかマイナス?)からセットアップ開始。
2〜3周走ってはピットインを繰り返し、手探りでセッティングを進めましたが、何とか自己ベストと同等のタイムで走れるトコまで仕上げられたので一安心。
同じタイムで走っていてもノーマルサスに比べラインの自由度が上がったので決勝レース中に前走者をパスする際に大きな武器となってくれるでしょう!


« 鈴鹿です! | トップページ | 鈴鹿でのスナップ写真 »

コメント

レース経験豊富な人は、奇想天外な方法でバイクをばらしますよねw去年の8耐手伝いのときにも、メカの人がいろんな方法でバイク弄ってましたw
走行時間が限られてるので、セッティング作業なんかは、通常の手順じゃやってられないって言ってました。

そういえば、エントリーリストを見たら参加台数70台ということで、飛び入り参加がなければ、予選落ちゼロという4耐になりそうですね。とはいっても地元の意地!予選は気合入れてタイム出さないと・・・しかしウチのチームのマシンは、そろそろエンジン寿命がヤバイ気が・・・(汗)

投稿: Vガンマ~ | 2008年7月18日 (金) 21時51分

〉Vガンマ〜さん
ホント、奇想天外な作業を見れて楽しいです。
でもこの暑いのによくもまあ70台もエントリーしますよね〜

投稿: りゅーぢ | 2008年7月20日 (日) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴鹿です! | トップページ | 鈴鹿でのスナップ写真 »