« 2代目 防湿庫 | トップページ | オーバーヒート »

2009年1月14日 (水)

フルサイズとAPS-Cの違い

Nikon/Canon/Sony/ペンタックス/オリンパス/パナソニック/シグマ/ライカなどなど、デジタル一眼レフの分野では
35mmフィルムよりも個体撮像素子(イメージセンサー)が小さいAPS-Cサイズと呼ばれるモデルが現在は主流。
Nikon D300/D90/D80や、Canon EOS 50D/40D/KISSなどもAPS-Cサイズです。

35mmフィルムカメラと同等の大きさとなるフルサイズの撮像センサーを搭載するモデルも以前からありましたが
それこそアマチュアが趣味でホイホイと手を出せるシロモノではありませんでした。
(諭吉さんが軽く100人以上は飛んでいきますからね~)
しかし、最近ではCanon EOS 5D MarkⅡやSony α900などの発売により、頑張れば何とかなりそうなモデルも
チラホラと現れ始めました。
先日私が購入したNIkon D700もその一台。

『APS-Cとフルサイズってどっちが良いの?』
なんていう話題を良く耳にしますが、私には優劣をつけられません。
APS-Cカメラはフルサイズカメラに比べて小型軽量であり価格もリーズナブルだし、レンズの焦点距離×1.5倍相当の
画角が得られるから望遠系に強いというのも大きなメリットですしね。

ではAPS-Cの2倍近く大きい撮像素子面積を誇るフルサイズのメリットとは・・・
画素数が同じでセンサーの大きさが違えば1画素あたりの受光量が違うので高感度に強い。
この日記 を参照)


そして次に挙げられるのが豊かなボケ味。
初めの頃はただ背景がボケるだけで満足だったんですけどね~(笑)
0901141_s


表現するとしたら 『とろけるような背景のボケ具合』 って感じかな?
その代わり、絞り値をF1.4とかまで小さくすると被写界深度(ピントの合う範囲)は紙1枚と言われるほど浅くなるので
ピント合わせがメチャメチャ難しくなるんですけどね・・・
0901142_s

私自身がまだ素人なので難しい表現を出来ないのが功を奏したのか?先日のTFD新年会にて私のブログを見て
下さっている方から 『カメラの話題が分かりやすい』
なんて煽てられちゃったモンだから、デジイチ初心者のくせにちょっと語ってしまいました(笑)


« 2代目 防湿庫 | トップページ | オーバーヒート »

コメント

最近カメラネタが多くなってそれはそれで楽しませてもらっています。
いろいろ情報収集してみたりするとフルサイズはボケ方が綺麗なんていう話を聞きますがブログを見させてもらっていると年末(カミングアウト直前)からのボケかたはホントにとろけちゃいそうですなァ
ウ~ン欲っし~い

投稿: 葱 | 2009年1月14日 (水) 20時42分

>葱さん
退屈と感じるかもしれない人が多いであろうカメラネタ。
そんなカテゴリの記事にコメントを頂きましてありがとうございます。

フルサイズモデルでF値を小さくして撮影したときのボケ具合は
本当に感動モノです!
被写界深度の浅さと周辺光量の低下には気を遣いますけどねぇ~

投稿: りゅーぢ | 2009年1月14日 (水) 23時38分

私は、デジタルなんかにアナログと同じ表現が出来るモンか!などと信仰し続けるオールドタイマーです。
大判サイズも使ってましたが、今は34年前に発売された PentaxKX 1台だけです。
そんな私も、「フルサイズとAPS-Cの違い」と、「高感度耐性」を拝見して、限りなくアナログに近付いた、、、
もしかしたら超えたのでは?とも感じさせます。
って書くと、アナログに興味が・・・・・・?(^-^)

投稿: 糞親父 | 2009年1月15日 (木) 03時58分

>糞親父さん
なるほど、アナログの表現ですか~
私はフィルム時代の一眼レフを殆ど知りませんが、現像に出すまで
出来上がりが分からないってのはドキドキですよね。
連写とかしてたらフィルムもジャンジャン消費しちゃうだろうし
ランニングコストが大変なんでしょうね~

投稿: りゅーぢ | 2009年1月15日 (木) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2代目 防湿庫 | トップページ | オーバーヒート »