« TESI 3D 各部の紹介 Part1 | トップページ | TESI 3D 各部の紹介 Part3 »

2009年3月 3日 (火)

TESI 3D 各部の紹介 Part2

さて本日は夕方から銀行の支店長さんたちと会食予定なり。
大量に飲まされること必至なので先に日記を書いてしまいます。

と言っても各部紹介の続編ですが・・・


【BIMOTA CARBON BELLY PAN】
サーキット走行を想定してなのか?純正オプションのアンダーカウルです。
複雑な造形をした美しい仕上がりですが、そもそもこのバイクでサーキットを走るライダーが一体何人いると想定
してるのでしょうね?(笑)
0903031_s


【TITANIUM PROTECTION SCREEN for OIL COOLER】
低い位置に取り付けられているオイルクーラーだけに跳ね石からコアを守るための必須アイテムです。
0903032_s


【MOTO CORSE/STM CLUTCH RELEASE PISTON】
STMとのコラボレーションにより製作されたジュラルミン削り出しボディ。
握力が弱い私にはクラッチレバーの操作力を軽減してくれる嬉しいパーツ。
0903033_s


【H7 55W HID・オリジナルスクリーン・ミラー加工】
お約束?のHIDとLEDポジションランプ。
HIDのユニットはカーボンコンポジット構造のシートカウル内の僅かな隙間に “コの字型” のステーをアルミの
板から製作して設置。
そしてスタンダードより僅かに長いワンオフスクリーン。
ミラーは後方確認しやすいように付け根部分を加工して内側に絞りました。
ボディ同色ペイントは日本仕様の場合、最初からなのかも知れません?
0903035_s


【ウィンカー・ナンバー灯】
純正よりも小ぶりなウィンカーとやはりお約束?のLEDナンバー灯。
0903036_s


【BREMBO RACING BRAKE MASTER(SW付)・MC TI HANDLE BAR END】
レースでも愛用している操作性バツグンのブレーキマスターとチタン削り出しのハンドルバーエンド。
0903037_s


【BREMBO RACING CLUTCH MASTER・MC TI HANDLE BAR END】
ブレーキと同じく愛用のクラッチマスター。
0903038_s


【グリップヒーター・ヘッドライトスイッチ】
DUCATI純正オプションのグリップヒーターを加工して装着。
さり気なく自然に付いているけど、加工には途方も無い知恵と苦労を要したとのこと・・・(ゴメンナサイ)
HIDは通常の35Wではなくハイワッテージタイプの55Wだし、グリップヒーター以外にも電力を多用する仕様にして
しまったのでバッテリーに負担を掛けないようにヘッドライトスイッチを取付。
0903039_s


【ハブサポート黒アルマイト・フロントフェンダー剥離&塗装】
殆どのカスタムはMOTO CORSEさん任せでしたが、自身が一番拘ったのがココ。
TESI 独特のどっちが前だか後ろだか分からない雰囲気を強調したくて、視覚的に目立ってしまう縦のライン
(シルバーのハブサポートとフロントフェンダーの白い塗装部分)を消しました。
ハブサポートはブラックアルマイト処理をして、フェンダーは白い塗装を剥離してカーボン地を剥き出しに。
0903034_s


ってな感じで本日の紹介は終わります。


« TESI 3D 各部の紹介 Part1 | トップページ | TESI 3D 各部の紹介 Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TESI 3D 各部の紹介 Part1 | トップページ | TESI 3D 各部の紹介 Part3 »