« BMW BIKES Vol.47 | トップページ | 書店にて »

2009年6月15日 (月)

次なるは MV AGUSTA

帰宅すると何やら見慣れぬ封書が届いてた。
差出人は MV AGUSTA Japan CO.,LTD.
はて・・・?


開封してみると “MV AGUSTA オーナーシップ サーキットエクスペリエンス in 富士スピードウェイ” (ながっ!)
の参加受理書でした。
0906152_s


今回はDUCATIやBMWではなくMV AGUSTAのインプレに挑戦!
F4-RR 1078 のフルパワー仕様(190HP)などなど、久々の4発なんで凄く楽しみ。
(記事の出来がよければ?) ROAD RIDERさんでも採用してくれるかも知れない・・・らしい。
0906154_s

ご参加される方々、どうぞ宜しくお願いしまーす!
このブログを見ている人の中で “アグスタ乗り” が何人いらっしゃるのかは謎ですが・・・(笑)


« BMW BIKES Vol.47 | トップページ | 書店にて »

コメント

MV AGUSTAときましたか(*^。^*)
個人的にはブルターレの子持ちシシャモっぽいエンジンが好きですね~♪

ただカウルが付いていないので富士の直線...どうなっちゃうんだろう(@_@;)

投稿: しょう@びゅ~える日記 | 2009年6月17日 (水) 12時09分

>しょうさん
子持ちシシャモとは上手い言い回しですね~(納得しちゃいました)

2007年秋にブルターレ990CR Platinoという160馬力のスペシャル仕様をFISCOで
走らせたことがあります。
その時はメインストレート後半で僅かにクラッチが滑り出し、『はて?』 と思い
次の周に注意して観察してみたら、何と風圧でクラッチレバーが押され、微妙な
半クラ状態になっていたんです。
その後のメインストレートでは人差し指でクラッチレバーを押しながら走ったら
問題なしでした。
実速で270Km/hくらいだったかと思いますが、風圧って凄いんだなぁ~と感心した
記憶があります。

投稿: りゅーぢ | 2009年6月17日 (水) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BMW BIKES Vol.47 | トップページ | 書店にて »