« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

Multistrada 1200

DUCATI JAPANさんから招待状をいただいたのでムルティストラーダ1200の発表会に行ってきました。


開催されたのは東京・日の出桟橋にあるイベントブース。
1005281_s


会場に到着するとオシャレな光景が目に飛び込んで来た。
やっぱ、都会の人たちはやるコトが派手だね~(この時点で田舎者のヒガミ根性大爆発!)
1005282_s


んで、こちらが受付場所。
長身足長の生きたマネキンさんたちが交互にバイクに跨り、エンジン始動を繰り返す。
バイクに乗らない(乗れない)人たちなのか?操作が雑でちょっとガッカリ。
もうちょっとグリップの握り方とかアクセルの開け方を教えてあげればサマになるのに・・・
1005283_s


会場に入るとまずはシャンパンが振舞われた。
1005284_s


DUCATI JAPANの加藤社長や本社のお偉いさんが壇上から挨拶。
1005285_s


そして会場内に飾られたバイクたち。
1005286_s

1005287_s

1005288_s

1005289_s

10052810_s

用意された赤ワインは各モデルのキャラクターに合わせて有名ソムリエがチョイスしたというもの。
Multistradaには “CONCERTO” という赤ワインには珍しいスパークリングタイプが選ばれていた。
全種類制覇してみたけど、Monster用のは口当たりは渋めだけど後味に甘さが残るものだったり、スーパー
バイク系用のは軽い口当たりのさっぱりしたものだったりと、それぞれ個性的で美味しゅうございました。
10052811_s


おっと、いけねぇ、ワインの品評で終わるとこだった・・・
こちらが本日の主役である Multistrada1200
10052812_s_2


みなさん興味津々。
10052813_s


前夜のメディア向け発表会で登場した俳優の北村一輝さんとタレントの山田優さんの映像も流されていた。
「DUCATI Most Powerful Most Beautiful Award」とやらの受賞者らしい。
10052815_s


趣向が凝らされた素敵な発表会でしたが・・・
主役のムルティに触れることも許されないってのはどうだろう?
10052814_s


バイクは走ってナンボなワケだし、バイク乗りが集まったのだから、『見るだけよ』 ってのは、やや消化不良。
せめてエンジンを掛けて音を聞かせるとか、跨るくらいはさせて欲しかったなぁ。

| コメント (6)

2010年5月22日 (土)

牛歩の歩みなれど・・・

元々の本業とモーターサイクルジャーナリスト(まだまだ駆け出し者ですが)という “二足の草鞋” を履く身なので
原稿書きはどうしても日中の仕事が終わってからの夜間や休日となってしまう。
でも、少しずつ言葉の引き出しが増えてきたようで、進行速度が速くなってきた・・・かも?


S1000RRの記事ではちょっと確かめたいコトもあったので、倉庫から引っ張り出してきて、実際に乗り回しながら
ツーリングを兼ねて最終確認。
10052211


『こんなタンポポ畑で何を確かめたいんだ?』
なんてツッコミはご容赦願います(笑)
10052221


今までずっと〆切期日ギリギリだったけど、今回はちょこっと余裕を残して書き上がったぞぉ!
10052231


ところが・・・
編集部からは 『4000Wで書いてね』 という指示だったのに、書き上がった原稿はなんと5400W。
さて、どうしましょ?(笑)

| コメント (0)

2010年5月16日 (日)

今日もたっぷり走行

本日も晴天なり。


部屋のテラスから見た風景。
1005161_s


和倉温泉の美湾荘に集った50台以上のバイクたち。
今回もまた大盛況!
1005162_s


“ツインブリッジのと” を渡り能登島へと上陸し、グルッと回ったら “能登島大橋” を渡って戻り、海沿いを南下。
海の向こうには立山連峰が微かに見える。
1005163_s


二日目は高速道路を多用したものの、長距離ツーリングに皆さんお疲れ気味。
とくに前傾姿勢のキツいモデルに乗るライダーさんはご覧の通り(笑)
1005164_s


全員無事に群馬へと戻ってきて解散。
なぜか?体力の有り余ってる私は更にソロツーリング開始!
1005165_s


一般車のいない夕暮れ時の峠を気持ち良く走って榛名山へ。
1005166_s


日没直後の榛名湖畔。
1005167_s


よく見ると・・・
月と金星が並んで光ってる。
1005168_s


そんなこんなで、バイク乗りにとっては最高の季節を思い切り堪能できた週末でした~
参加者の皆さま、お疲れ&お楽しみさまでした!

| コメント (0)

2010年5月15日 (土)

いざっ、能登半島へ!

ヤナセオートさんの合同(DUCATI店・BMW店・ハーレー店)ツーリングに参加。


目的地は一緒だけど、ツーリングコースは各店舗まちまち。
私はトップケースを取り付けたXJRを駆ってDUCATI店のコースに参加。
1005151_s


上信越道から長野道へと入り、善光寺平を眺めつつ松本インターへと向かう。
1005152_s


松本からは一般道を走り、安房峠を超えて飛騨高山へ。
1005153_s_2


お次は白川郷。
1005154_s


合掌造りの家々が立ち並ぶ街並みを散策。
1005155_s


ここを訪れたのは20年ぶりくらいだけど、当時よりも観光地として綺麗に整備されていた。
1005157_s


何よりも驚いたのは外国人観光客の多さ!
1005156_s


その後は一気に能登半島を目指し、全員無事に宿泊地へ到着。

| コメント (2)

2010年5月14日 (金)

BMW BIKES ロケ

ツーリング気分でS1000RRと共にロケに参加。
他に用意された車両はK1300S・1198S・CBR1000などなど。
さて、どんな企画なんでしょ?


ちょっと肌寒かったけど、天気はバッチリ!
1005141_s


車両&スタッフの面々。
1005142_s


まずはこんな感じで集団走行。
1005143_s


そしてフリーライド。
1005144_s


『とりあえず一通り乗ってちょ』
との指示を受けたので、他の車両にも試乗。
1005145_s


今回唯一の2気筒マシンにも乗って
1005146_s


国産4発にも乗ってみた。
1005147_s


それにしても今日は空気が澄んでいて絶好の走行&撮影日和!
1005148_s


Newツナギも本日デビュー!
1005149_s


ところで・・・
私は何について、どんな原稿を書けば良いんでしょ?
ダン編集長からどんな指示が出るのかな~?

| コメント (2)

2010年5月11日 (火)

雨の筑波サーキット

筑波サーキットで開催される2010年第1回目の KUSHITANI RIDING MEETING に参加。
サーキット走行のイベントとしては、それなりの歴史を刻み、多くのライダーに認識いただけているので
今さら説明の必要はないかも知れませんが
『純粋にサーキット走行を楽しみたい!』 と考えるライダーから
『スキルアップしてタイムを短縮したい!』 と願うライダーまで
細分化された走行クラスと相まって、誰もが楽しめるイベントです!


先導&フリー走行用にS1000RRを持ち込んでみたものの、朝から生憎の雨。
トラクションコントロールが付いているから雨でも安心して走れるんだけど、今週はこの車両でロケを行う予定
なので、汚しちゃうと掃除が面倒だからNewツナギとS1000RRは出番なし。
なので先導走行は用意いただいたDUCATI 1198S・848・ストリートファイターを乗り回させていただきました。
1005111_s


今回は雨のため少々予定変更。
20分×3本の走行枠を2本に減らし、空いた時間を利用してバンやワゴン車を出動。
先導役を勤めた4人のライダーが運転手となり、それぞれの車両に参加者の方々に分乗していただいて
実際にコースを走りながらライン取りや注意ポイントなどをレクチャー。
コレがまた大好評!
何度も乗ってくださる真剣な参加者さんたちも多く、長蛇の列が出来るほどの好評ぶりでした。
1005112_s


麺や紅丸 さんの移動販売車の前に周平くんの大きな立て看板発見!
実物大かと思いきや・・・実はこの看板、実物よりも微妙に身長が高いのだ!(笑)
1005113_s


先導役を務めた三人の豪華ゲストライダー・・・と、豪華ゲストライダーじゃないワタシ。
左の頭が尖っている?御方が鈴鹿8耐優勝経験者の 生見友希雄選手
その隣が2005年2006年の全日本ST600チャンピオンの 安田毅史選手
そのまた隣がMoto GP 250ccクラスで活躍した 青山周平選手
1005114_s


筑波サーキットで行われるこのイベントは今年も5月7月9月11月と、4回ほど開催される予定です。
興味のある方は是非ご参加くださいませ~

| コメント (8)

2010年5月 9日 (日)

ロケハン

来週に行われる予定の BMW BIKES ロケ。
それに備え、『良い撮影スポットがないかなぁ?』 と、ちょいと散策。

私たち素人は “良い撮影スポット” = “景色全体が美しいところ” と思いがち。
そんなもんだから、なかなか良い場所が見つからない・・・
だけど、プロカメラマンさんにとっては使用するレンズの画角(写る範囲)のみ美しければOKであり、画角外に
何が存在しようとも、そこは立派に “良い撮影スポット” となるんですよね~
そんな風に考えながら榛名山と赤城山を右往左往。


とは言っても、どこで何ミリのレンズを使って、どんな角度から撮れば良いのか?
それがイメージできない。
1005091_s_2


新緑のトンネルも綺麗だけど、どんな風に撮れば良いのだろう?
1005092_s


ガードレールが写り込むのを避けるためには、俯瞰的に撮れば良いのかな?
その為には山の斜面に登れるスペースが必要だよな~
1005093_s


充分な光が得られ、撮影に向いていそうなコーナーの近くには民家があったり、交通量が多かったり。
なかなか 『ココだぁ!』 って場所が見つからず、どんどん山の奥地へ。
すると道幅が狭くなっちゃうんだよなぁ。
1005094_s


挙句の果てには、こんなトコや
1005095_s


こんなトコまで散策する羽目に・・・
1005096_s


もうちょっとタイヤに溝があれば、もっと奥深くまで散策できたのだが・・・
(そういう問題じゃない?)

| コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

涼を求めて

50年ぶりに全国的好天に恵まれたというゴールデンウィーク。
最終日はグングンと気温も上がり、兵庫県や岐阜県では32℃を超えたとか・・・
こんな日はチョイと涼みに避暑地 軽井沢へGo!


184個ものコーナーが連なる碓氷峠の旧道からTESI 3Dと共に軽井沢を目指す。
まずは峠の序盤に存在する “碓氷湖” に立ち寄ってみたものの、ココはまだ暑いのでヘルメットも脱がずにスルー。
10050511


続いては33番目のコーナー上にある “めがね橋
200万個ものレンガを使って造られ、1893年に完成したた碓氷川に架かる4連アーチ橋。
いまでは重要文化財らしい。
10050521


そして軽井沢の “聖パウロ教会” に到着。
やっと涼しくなったけど、ライディングジャケットを着ているとまだちょっと暑い。
10050531


そこで、歩行者天国の旧軽銀座を迂回して峠を上り、熊野皇大神社のある頂上を目指す。
すると気温は一気に下がり、ライディングジャケットを着ていて丁度よい感じ。
それもそのはず、桜なんてまだ蕾ですよ!
10050541


bimotaに乗って軽井沢へと来たのなら、オープンテラスのカフェでお洒落にコーヒータイム・・・
なんてのが似合うんだろうけど、オープンテラスの茶屋で 黄な粉だんごを食しながら 『ズズー』 と飲む日本茶
ってのもGoodですよん!(笑)
10050551


いやぁ~、好天続きだったお陰でたっぷりとツーリングを堪能できたゴールデンウィークでした~

| コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

桜めぐり

S1000RRの慣らし運転を三日で済ませ、1000km点検のためにヤナセオートさんへ入庫させたまでは早かった
ものの、慣らしを完了させた達成感というか満足感に満たされてしまった私。
ヤナセオートさんは明日から5日間の連休に突入してしまうので、その前に車両を引き上げに行きました。


3週間ほど預けっぱなし状態となり、久しぶりに対面したS1000RR
1005021_s


天気も良いのでチョイとひとっ走り。
1005022_s


妙義山 さくらの里の桜はまだ咲いており、訪れる観光客も多くて駐車場は入場制限が掛かるほどの賑わい。
1005023_s


お次は箕郷町の芝桜公園。
こちらも駐車場への入場待ちの列が1km以上にも及ぶほど大盛況。
1005024_s


暑くもなく寒くもないこの季節に渋滞知らずで駆け抜けられるバイクって、やっぱ最高~!

| コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

雪の回廊

本日より連休スタート!
天気も良かったので朝からXJRに乗って走り回ってきました~


まずはお約束の “天空の丘”
1005011_s


次に向かったのは白根山。
1005012_s


4月24日に開通となった志賀草津高原ルート(冬季は積雪のため通行止)
5月だってのにこの景色ですよ!
1005013_s


そしてコレがタイトルの “雪の回廊”
1005014_s


5m以上はあるかな?
すんごく壮観だけど、すんごく寒い(外気温3℃)
1005015_s


ちなみに、ココは国道292号線の日本国道最高地点(標高2,172m)
1005016_s


寒いのさえ我慢できれば凄く気持ちのいいルートなので、皆さんも是非!!

| コメント (11)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »