« 知らなかった道 | トップページ | パノラマライン完全制覇! »

2010年7月 7日 (水)

超主観的タイヤインプレ

DUCATIやBMWでテストを行い、誌面に私のインプレッションが掲載された MICHELIN POWER PURE
一般的なライダーの使用方法を想定しながら走行を繰り返し、広く大きな目で捕らえ、様々な角度から探った
結果を原稿に書き上げたのだが・・・

なぁ~んかまだ、メーカーがこのタイヤに込めたモノをすべて引き出せていないような?
掴めていないような?
心の何処かで妙に “引っかかるモノ” があったんですよね~

とは言っても、今後このタイヤについての記事を書く依頼は来ないと思うので、どうでも良いっちゃ良かったの
だけど、なんかスッキリしないのも気持ち悪いので、こっそりと個人的に履き替えて隠密テストを敢行!
(大袈裟?)
それを目ざとい方はお気付きになったようなので・・・
新たに掴んだ特性などをこの場でコッソリと公開します。

**注**
深いバンク角からアクセルをワイドに開けたり、リヤが浮き上がるようなハードブレーキングを行ったりと、あまり
一般的とは言えない使い方だったり、そもそもハブステアという特殊な車体構成の bimota TESI 3D に装着
しての印象でもあるため、この情報はあまり鵜呑みにしないで軽く聞き流す程度にして下さいね(笑)


さてまずは、2本の縦ミゾが特徴的なフロントタイヤ
どの車体に履いても感じたコトだけど、とにかく軽い!
パワーが上がったのか?と錯覚してしまうほど、ポンポンとフロントが持ち上がる。
ウイリー時のコントロールも楽になったので、リフトアップさせて走るのがメチャメチャ楽しい!
慣性力が軽減された効果は高く、ブレーキングから旋回へと繋ぐ動作が極めて軽い。
その反面、ジャイロ効果が軽減されるから外乱を受けた際に生じる車体の挙動はやや大きめ。
一般的なテレスコフォークの車体では 『サス調整が必要だな?』 と感じることもあったフロントのバタつき感は
ハブステアでは現れず、特にサスセットを変更する必要性は感じず。
まぁ、そもそも重心位置は低いとはいえ、フロントヘビーな感は否めない車体なので、コレで丁度よくなった
って感じかな?
冷えている状態と温まっている状態で、グリップ感(グリップ力ではなく、ライダーへのインフォメーション)が
大きく変わらないツーリングタイヤが増えてきているけど、このタイヤはスポーツタイヤらしく、グリップ感が
明確に変化する。
冷感時に頼りなさを覚えるライダーも居るかも知れないが、温まってから初めて得られる本来のグリップ力
(コレは基本的にツーリングタイヤにもいえるコト)とグリップ感が同調しているので、経験豊かなライダーには
この特性の方が安心できるかな?
そんでもって温まってからのグリップ感は◎
スポーツライディングを行うときに不可欠な走り方(ブレーキングGでタイヤを潰し、サスを縮めた状態を維持
したまま旋回Gに移行させ、ブレーキをリリースしても潰れた状態と縮めた状態を維持する)でも、コンパウンド
グリップに頼る走り方(緩いブレーキングやシフトダウンの減速のみでコーナーへ進入)でも旋回性に大きな
違いはないので、コーナーが連続する区間でペースを変えながら走ってもリズムが崩れないから楽しめる。
この手のスポーツタイヤが苦手とするウェット性能も程々に確保されている点も見逃せない。
雨上がりの軽いウェット路面から、夕立の豪雨で川のようになったウェット路面まで(仕方なく)走破する羽目に
なったりもしたが、直立から寝かし始めの一瞬で手応えが伝わらない場面があったものの、僅か10度ほどの
少ないバンク角であっても、旋回Gが発生すればグリップ感も戻り、急な操作さえ行わなければグリップ力が
失われるコトはなかった。
これならば充分にツーリングでも使えるレベル。
10070711


続いて巧みなエッジングのリヤタイヤ
パッと見には程々にグルービングが施されているので、雨でも使えそうな感じがする(実際使えるんですけどね)
ツーリングタイヤに近いスポーツタイヤという印象だけど、BMW BIKES Vol.50 の中でもインプレした通り、トレッド
面内の溝比率を現すパタンネガティブ比は僅か10%程度。
この数値は問答無用でスポーツタイヤのレベルなのです。
まぁ、それまで履いていた POWER ONE の5%というパタンネガティブ比がそもそも異常だったんですよね~
さて、このリヤタイヤ、基本的な特性はフロントと同じ(当然っちゃ当然ですよね)
装着前に手に持っただけで感じる軽さは驚きもの。
しかし、走り出してしまうとフロントほど如実にその軽さは伝わってこない。
なので外乱による影響やバタつき感というようなネガな部分を感じることはない。
温度上昇に伴う特性の変化もフロントと同じなのだが、タイヤを潰しての旋回とコンパウンドグリップに頼る旋回
とではキャラクターが異なる。
一定以上のバンク角を与えて(具体的に何度とは言えないけど、目安として膝を突き出してもかろうじて路面に
接地しないくらいの角度)旋回Gで程々にエッジ付近が潰れた状態を作り、アクセルは全閉ではなくパーシャル
から僅かに開いた状態にしてあげると安定感を伴ったまま綺麗なRを描いてグリグリと旋回していく。
そして立ち上がりでは、最高出力発生回転の5分の3くらいの回転数が得られるギヤ(最高出力発生回転数が
10,000回転だったら6,000回転くらいが目安ね)を選択してコーナーを蹴飛ばすように立ち上がる時のグリップ感
&グリップ力は抜群のパフォーマンスを見せる。
浅いバンク角や低いエンジン回転数での旋回でも、コンパウンドグリップに頼る旋回でも、一般道を走っている
限りは充分な能力を発揮しているのだが、普通のコーナリングがアンダーステア傾向に感じられてしまうほど
トラクションを与えてグリグリと曲がる感覚が官能的な “罪作りなヤツ” って感じのタイヤ。
ライフに関してはまだ明言できないけど、POWER ONE のベトっとした溶け方と違い、Pilot Power 2CTに近い
サラっとした溶け方をするので、街乗りで使っていても結構イケそうな予感。
10070721


とまあ、なかなかに奥の深いタイヤであり、チョイと乗っただけでは本来の姿を見せてくれない POWER PURE
『ミシュランさんたら、かなり本気で作ったのね?』
とは思うのに、何故か未だにWeb上では ポジショニングチャート の仲間にも入れてもらえない。
『2月発売のタイヤで、もう4ヶ月以上も経ってるのにヤル気あんのか?』
と、思えなくもない。(ミシュランさんゴメンナサイ)
そこで、海外からこんな情報↓を拾ってきました。
1007073


ありゃりゃ・・・
個人的且つ勝手なインプレをチョコっとだけ掲載しようと思ったのに、とんでもなく長くなってしまった(笑)


« 知らなかった道 | トップページ | パノラマライン完全制覇! »

コメント

貴重なインプレありがとうございました!
大変参考になりましたヽ(´▽`)/

投稿: みやっち | 2010年7月 7日 (水) 15時54分

>みやっちさん
軽くサラッと書こうと思ったら、こんな長文になってしまいました。
執筆原稿だとあらかじめ文字数が決められているので纏めるのが大変だけど
文字数制限がないとラクなもんで、つい長々と書いてしまいました。

ミシュランからサポートを受けている訳でもなく、ミシュラン贔屓な訳でも
ありませんので、自由奔放に遠慮なく書いてますが、まぁ、軽~く
聞き流す程度にお願いしますね~

投稿: りゅーぢ | 2010年7月 8日 (木) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らなかった道 | トップページ | パノラマライン完全制覇! »