2010年7月18日 (日)

今度は南ルートから

すっかりお気に入りの 【つまごいパノラマライン】
今回は今までと逆のコース(南ルート→北ルート)を走行。
そして頻繁に見掛ける脇道の中で、直感的に
『楽しそうかも?』
『この道ってドコへ続くの?』
などと感じた脇道は片っ端から探検!


まずは二度上峠を超えて北軽井沢へ。
下界は36℃もあったけど、この時点で既に25℃まで下がり、メチャメチャ爽快!
天気も良く、浅間山のシルエットがバッチリ見える。
1007181_s


まずは南ルートをのんびりとクルージング。
1007182_s


気になる脇道を探索してみると、ここにも絶景が!
1007183_s


同じパノラマラインでも、南ルートからの景色はまた一味違うが、どちらも楽しめる。
1007184_s


ピットエリア完備!?
道中に何ヶ所か存在するので、天候が急変しても安心して休憩できる。
1007185_s


北ルートの途中から一旦ルートを外れ、バラギ湖へ。
1007186_s


ガードレールのない登り左コーナーはコーナリング中に空しか見えない。(写真のTESIは下り向き)
まるで鈴鹿サーキットのダンロップコーナーのような雰囲気。
1007187_s


さらにまた別の脇道へと進入すると、綺麗な道なのに交通量は皆無。
はて?と思ったらずっと先は行き止まり・・・
交通量の少なさを象徴するかのように、センターラインには草が生い茂っていた。
1007188_s


とまぁ、今回も内容の濃いソロツーリング終了~
パノラマラインもその脇道も、何処もかしこも気持ちの良いトコばかり。
ん~、群馬県ってライダー天国!

| コメント (17)

2010年7月 7日 (水)

超主観的タイヤインプレ

DUCATIやBMWでテストを行い、誌面に私のインプレッションが掲載された MICHELIN POWER PURE
一般的なライダーの使用方法を想定しながら走行を繰り返し、広く大きな目で捕らえ、様々な角度から探った
結果を原稿に書き上げたのだが・・・

なぁ~んかまだ、メーカーがこのタイヤに込めたモノをすべて引き出せていないような?
掴めていないような?
心の何処かで妙に “引っかかるモノ” があったんですよね~

とは言っても、今後このタイヤについての記事を書く依頼は来ないと思うので、どうでも良いっちゃ良かったの
だけど、なんかスッキリしないのも気持ち悪いので、こっそりと個人的に履き替えて隠密テストを敢行!
(大袈裟?)
それを目ざとい方はお気付きになったようなので・・・
新たに掴んだ特性などをこの場でコッソリと公開します。

**注**
深いバンク角からアクセルをワイドに開けたり、リヤが浮き上がるようなハードブレーキングを行ったりと、あまり
一般的とは言えない使い方だったり、そもそもハブステアという特殊な車体構成の bimota TESI 3D に装着
しての印象でもあるため、この情報はあまり鵜呑みにしないで軽く聞き流す程度にして下さいね(笑)


さてまずは、2本の縦ミゾが特徴的なフロントタイヤ
どの車体に履いても感じたコトだけど、とにかく軽い!
パワーが上がったのか?と錯覚してしまうほど、ポンポンとフロントが持ち上がる。
ウイリー時のコントロールも楽になったので、リフトアップさせて走るのがメチャメチャ楽しい!
慣性力が軽減された効果は高く、ブレーキングから旋回へと繋ぐ動作が極めて軽い。
その反面、ジャイロ効果が軽減されるから外乱を受けた際に生じる車体の挙動はやや大きめ。
一般的なテレスコフォークの車体では 『サス調整が必要だな?』 と感じることもあったフロントのバタつき感は
ハブステアでは現れず、特にサスセットを変更する必要性は感じず。
まぁ、そもそも重心位置は低いとはいえ、フロントヘビーな感は否めない車体なので、コレで丁度よくなった
って感じかな?
冷えている状態と温まっている状態で、グリップ感(グリップ力ではなく、ライダーへのインフォメーション)が
大きく変わらないツーリングタイヤが増えてきているけど、このタイヤはスポーツタイヤらしく、グリップ感が
明確に変化する。
冷感時に頼りなさを覚えるライダーも居るかも知れないが、温まってから初めて得られる本来のグリップ力
(コレは基本的にツーリングタイヤにもいえるコト)とグリップ感が同調しているので、経験豊かなライダーには
この特性の方が安心できるかな?
そんでもって温まってからのグリップ感は◎
スポーツライディングを行うときに不可欠な走り方(ブレーキングGでタイヤを潰し、サスを縮めた状態を維持
したまま旋回Gに移行させ、ブレーキをリリースしても潰れた状態と縮めた状態を維持する)でも、コンパウンド
グリップに頼る走り方(緩いブレーキングやシフトダウンの減速のみでコーナーへ進入)でも旋回性に大きな
違いはないので、コーナーが連続する区間でペースを変えながら走ってもリズムが崩れないから楽しめる。
この手のスポーツタイヤが苦手とするウェット性能も程々に確保されている点も見逃せない。
雨上がりの軽いウェット路面から、夕立の豪雨で川のようになったウェット路面まで(仕方なく)走破する羽目に
なったりもしたが、直立から寝かし始めの一瞬で手応えが伝わらない場面があったものの、僅か10度ほどの
少ないバンク角であっても、旋回Gが発生すればグリップ感も戻り、急な操作さえ行わなければグリップ力が
失われるコトはなかった。
これならば充分にツーリングでも使えるレベル。
10070711


続いて巧みなエッジングのリヤタイヤ
パッと見には程々にグルービングが施されているので、雨でも使えそうな感じがする(実際使えるんですけどね)
ツーリングタイヤに近いスポーツタイヤという印象だけど、BMW BIKES Vol.50 の中でもインプレした通り、トレッド
面内の溝比率を現すパタンネガティブ比は僅か10%程度。
この数値は問答無用でスポーツタイヤのレベルなのです。
まぁ、それまで履いていた POWER ONE の5%というパタンネガティブ比がそもそも異常だったんですよね~
さて、このリヤタイヤ、基本的な特性はフロントと同じ(当然っちゃ当然ですよね)
装着前に手に持っただけで感じる軽さは驚きもの。
しかし、走り出してしまうとフロントほど如実にその軽さは伝わってこない。
なので外乱による影響やバタつき感というようなネガな部分を感じることはない。
温度上昇に伴う特性の変化もフロントと同じなのだが、タイヤを潰しての旋回とコンパウンドグリップに頼る旋回
とではキャラクターが異なる。
一定以上のバンク角を与えて(具体的に何度とは言えないけど、目安として膝を突き出してもかろうじて路面に
接地しないくらいの角度)旋回Gで程々にエッジ付近が潰れた状態を作り、アクセルは全閉ではなくパーシャル
から僅かに開いた状態にしてあげると安定感を伴ったまま綺麗なRを描いてグリグリと旋回していく。
そして立ち上がりでは、最高出力発生回転の5分の3くらいの回転数が得られるギヤ(最高出力発生回転数が
10,000回転だったら6,000回転くらいが目安ね)を選択してコーナーを蹴飛ばすように立ち上がる時のグリップ感
&グリップ力は抜群のパフォーマンスを見せる。
浅いバンク角や低いエンジン回転数での旋回でも、コンパウンドグリップに頼る旋回でも、一般道を走っている
限りは充分な能力を発揮しているのだが、普通のコーナリングがアンダーステア傾向に感じられてしまうほど
トラクションを与えてグリグリと曲がる感覚が官能的な “罪作りなヤツ” って感じのタイヤ。
ライフに関してはまだ明言できないけど、POWER ONE のベトっとした溶け方と違い、Pilot Power 2CTに近い
サラっとした溶け方をするので、街乗りで使っていても結構イケそうな予感。
10070721


とまあ、なかなかに奥の深いタイヤであり、チョイと乗っただけでは本来の姿を見せてくれない POWER PURE
『ミシュランさんたら、かなり本気で作ったのね?』
とは思うのに、何故か未だにWeb上では ポジショニングチャート の仲間にも入れてもらえない。
『2月発売のタイヤで、もう4ヶ月以上も経ってるのにヤル気あんのか?』
と、思えなくもない。(ミシュランさんゴメンナサイ)
そこで、海外からこんな情報↓を拾ってきました。
1007073


ありゃりゃ・・・
個人的且つ勝手なインプレをチョコっとだけ掲載しようと思ったのに、とんでもなく長くなってしまった(笑)

| コメント (2)

2010年7月 4日 (日)

知らなかった道

群馬県には 【つまごいパノラマライン】 と呼ばれる道があり、浅間山北側の山裾を抜ける南ルートと、四阿山と
草津白根の山裾を抜ける北ルートからなり、穏やかなコーナーとアップダウンが連続する豪華なロケーション。
全長約30kmの全行程に信号機は殆どなく、交通量もメチャメチャ少ない夢のような道路なんです!

なんて紹介しておきながら実は私、つい最近までこのルートの存在を知らなかったのです・・・(笑)


んじゃ、行ってみよう!
1007041_s


まずは国道406から長野原町を抜けて、国道292で草津町へ。
このルートだけでも走り応えがあって充分に楽しい。
1007042_s


草津町から 【つまごいパノラマライン】 の北ルートを走行。
なんともまぁ、雄大な景色は圧巻!
1007043_s


広大なキャベツ畑の中を抜ける区間もある。
先週のコンニャクロードに続き、ここはキャベツロードと名付けよう!(笑)
ビックリだったのが、一帯の気温。
高崎市では32℃だった気温がここでは21℃しかなく、メッシュジャケットでは肌寒いとさえ感じるほどの涼しさ。
1007044_s


全制覇したかったんだけど、雨雲に覆われだしたのでルートを短縮して帰還。
入り口が分かりにくいからなのか?ホントに交通量が少なくてビックリ。
夏場にこれほど長い距離を涼しく快適に走れるルートは滅多にないので、近いうちにまたトライして、全行程を
制覇するぞー!

| コメント (4)

2010年6月27日 (日)

僅かな隙を狙って

雨が降ったかと思えば急に晴れたり、なんともまぁ朝から不安定な天候の日曜日。
気温も高いから、不快指数100%と思えるほどジメジメと湿度も高まり、お出掛け日和とは言えなかったけど・・・
ヤブ蚊のように?夕方になって気温が下がって来た頃合いを見計らって行動開始!(笑)


先日整備を済ませた TESI 3D と共に、一面にコンニャク畑が広がるコンニャクロード(勝手に命名)を快走。
ちなみに、群馬県はネギとコンニャクが有名なんです。
1006271_s


突然の降雨に見舞われる可能性が高いため山間部は避け、近場をウロウロ。
地元で有名な貫前神社(ぬきさきじんじゃ)に立ち寄って小休止。
1006272_s


近場なのに初めて訪れた 貫前神社
有名なだけあって、それはそれは立派なものでした。
1006273_s


その後、このコウノトリ・・・じゃなかった、Multistrada 1200にチョイと試乗。
1006274_s


走行距離200kmほどの新車だったので、高回転まで回した時のフィーリングなどはまたの機会にお預け。
しかし低回転域でもノッキングを起こさずに粘るエンジンや、不自然な印象を与えることなく作動するABSや
DTCなど、なかなかの完成度を誇っていそうな予感を感じさせてくれた。
慣らしが終わったらまた乗らせてもらおっと!

| コメント (4)

2010年6月20日 (日)

ダブル里帰り

TESI 3D のオイルやバッテリーの交換など、定期的なメンテナンスの為に、まずは モトコルセさん へGo!
神奈川県 厚木市でバイクを降ろしたら、そこから200kmほど走り、ハイエースの棚や室内灯や内張りなどの
手直しを行うために、生まれ故郷である静岡県 浜松市の オグショーさん へGo!
浜松での整備が終わったらまた厚木へトンボ帰りって算段です。

あっ!?さっそくオグショーさんで 日記 にされてるし・・・(笑)


厚木のモトコルセさんに帰って来ると、依頼してあった作業は終わっていたのだが・・・
『あっ、そういえば・・・ココはこうで、コレはこうだったらいいなぁ~』
なんて呟きに耳を傾けてくれたスタッフの皆さんは、遅い時間にもかかわらず、手分け作業で活動開始!
(写真は昼間バイクを預けた時のモノ)
1006201_s


いつになく?真剣な眼差しでパーツを加工する “おおにしさん”
1006202_s


本気モードでパーツを作り始める “いとうさん”
1006203_s


デザイナーの “きったくん” もパーツ制作中~
1006204_s


写真左から・・・
秘蔵パーツを振舞ってくれた “さとーさん”
自ら制作したパーツを組みつける “きったくん”
エクササイズ中?の “しらとりくん”
組み付ける前にパーツを確認中の “おおにしさん”
1006205_s


夜遅くにもかかわらず、大勢のスタッフさんたちに作業してもらっちゃって感謝感激です!
ありがとうございました~

| コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

ロケハン

来週に行われる予定の BMW BIKES ロケ。
それに備え、『良い撮影スポットがないかなぁ?』 と、ちょいと散策。

私たち素人は “良い撮影スポット” = “景色全体が美しいところ” と思いがち。
そんなもんだから、なかなか良い場所が見つからない・・・
だけど、プロカメラマンさんにとっては使用するレンズの画角(写る範囲)のみ美しければOKであり、画角外に
何が存在しようとも、そこは立派に “良い撮影スポット” となるんですよね~
そんな風に考えながら榛名山と赤城山を右往左往。


とは言っても、どこで何ミリのレンズを使って、どんな角度から撮れば良いのか?
それがイメージできない。
1005091_s_2


新緑のトンネルも綺麗だけど、どんな風に撮れば良いのだろう?
1005092_s


ガードレールが写り込むのを避けるためには、俯瞰的に撮れば良いのかな?
その為には山の斜面に登れるスペースが必要だよな~
1005093_s


充分な光が得られ、撮影に向いていそうなコーナーの近くには民家があったり、交通量が多かったり。
なかなか 『ココだぁ!』 って場所が見つからず、どんどん山の奥地へ。
すると道幅が狭くなっちゃうんだよなぁ。
1005094_s


挙句の果てには、こんなトコや
1005095_s


こんなトコまで散策する羽目に・・・
1005096_s


もうちょっとタイヤに溝があれば、もっと奥深くまで散策できたのだが・・・
(そういう問題じゃない?)

| コメント (6)

2010年5月 5日 (水)

涼を求めて

50年ぶりに全国的好天に恵まれたというゴールデンウィーク。
最終日はグングンと気温も上がり、兵庫県や岐阜県では32℃を超えたとか・・・
こんな日はチョイと涼みに避暑地 軽井沢へGo!


184個ものコーナーが連なる碓氷峠の旧道からTESI 3Dと共に軽井沢を目指す。
まずは峠の序盤に存在する “碓氷湖” に立ち寄ってみたものの、ココはまだ暑いのでヘルメットも脱がずにスルー。
10050511


続いては33番目のコーナー上にある “めがね橋
200万個ものレンガを使って造られ、1893年に完成したた碓氷川に架かる4連アーチ橋。
いまでは重要文化財らしい。
10050521


そして軽井沢の “聖パウロ教会” に到着。
やっと涼しくなったけど、ライディングジャケットを着ているとまだちょっと暑い。
10050531


そこで、歩行者天国の旧軽銀座を迂回して峠を上り、熊野皇大神社のある頂上を目指す。
すると気温は一気に下がり、ライディングジャケットを着ていて丁度よい感じ。
それもそのはず、桜なんてまだ蕾ですよ!
10050541


bimotaに乗って軽井沢へと来たのなら、オープンテラスのカフェでお洒落にコーヒータイム・・・
なんてのが似合うんだろうけど、オープンテラスの茶屋で 黄な粉だんごを食しながら 『ズズー』 と飲む日本茶
ってのもGoodですよん!(笑)
10050551


いやぁ~、好天続きだったお陰でたっぷりとツーリングを堪能できたゴールデンウィークでした~

| コメント (0)

2010年4月18日 (日)

ツーリング~

予定通り DUCATI高崎さんのツーリングにTESI 3Dで参加。


春の訪れと共に顔を出す “つくし” のように、28台ものバイクが集まりましたよ!
1004181_s


暖かくなるかと思いきや?意外と寒い。
それもそのはず、金曜の降雪の影響で長野県はまだまだこんな状態でしたからね~
1004182_s


それでも順調に進み、目的地である 小諸城址 懐古園 に全員無事到着。
1004183_s


「攻めるに難しく、守るに易い城」
難攻不落の城と言われた小諸城を垣間見れたような見れなかったような・・・
1004184_s


タイミング的に満開かと思われた桜はまだまだ咲き始めたばかり。
1004185_s


敷地内にはSLも鎮座。(はて?なんで?)
まぁ、そんなコトより、事故もトラブルもなく皆が走れたのが何より!
スタッフ&参加者の皆さん、お疲れ様でした~
1004186_s


降雪による危険区間を回避し、ルートを短縮したため、思ったより早く帰宅。
『XJRのオイル交換しなくちゃなぁ~』 と思っていたので、すぐさまXJRに乗り換えてSUNNY RIDEさんへGo!
空冷エンジンってオイル交換しただけでフィーリングがグッと良くなる!
そんなワケで、楽しくなっちゃったもんだからまたまた気持ちよく走り回っちゃいました。
オレってば、どんだけバイク好きなんでしょ?(笑)

| コメント (4)

2010年4月15日 (木)

ツーリングに備えて

“長野県に桜を観に行こう!”
ってなタイトルなのかは定かではないが、日曜日はDUCATI高崎さんのツーリングに参加予定。
相棒は TESI 3D
ところが、TESIくんたらリアブレーキにエアを少々噛んでいるようで要整備状態だったのです。
でもコルセさんへ持っていく時間もないし・・・
と考えた末に、DUCATI高崎の “てんちょさん” にお願いしてみたところ、快く引き受けてくれました。


普段はフレームの影に隠れていて見えないリザーブタンクを引っ張り出してみると、あらまっ、真っ黒!
エア抜きだけでなく、ブレーキオイルは交換決定。
10041511


作業中のヒトコマ。
ご存知の方も多いと思いますが、ブレーキオイル交換はリザーブタンクに新しいオイルを入れて、ペダルを
グイグイ押し込んだらキャリパーのドレンからオイルを抜くという地道な作業を何度も何度も繰り返す。
ブレーキペダルをグイグイ押し込む時は、なぜか頭も一緒にシェイクしている “てんちょさん”
あの・・・作業してもらってて言うのもなんですが、そんなに頭をシェイクして気持ち悪くなりません?(笑)
10041521


えっと、ついでに反射板兼ナンバー灯を付けてみました。(ノーマルのナンバー灯は配線カット)
10041531


複数のLEDが点灯するのですごく鮮やか。
LED好きにはタマリマセン!(笑)
10041541


その他、各部を点検してもらったらクラッチオイルに何やら怪しい浮遊物を発見。
そんなワケでクラッチオイルも交換。
“てんちょさん” ありがとぉー!

| コメント (0)

2010年3月12日 (金)

ツーリング準備

予想外の大雪による事故・トラブルの報告もなく、平穏無事に終わった今週。
前回は雨のため中止となり、14日に順延 となってしまったMOTO CORSEさんのツーリング。
でも、この週末は大丈夫そうですね。
オレも行くぞぉ!

なんて、気合が入ってるようだけど、自走で往復するほどの根性は持ち合わせていない。
そんなワケで、今回もまた TESI 3Dをハイエースに積み込んで厚木まで行く作戦。
10031211


そうは言っても、積み込むのはまだ早かったかな?

| コメント (0)

より以前の記事一覧