2012年10月19日 (金)

motoGPの走行シーン

さて、パドックを離れ、走行シーンを撮ってみた。


もてぎ唯一の高速コーナーである130R。
目の前を200km/h以上の速度で駆け抜けていくmotoGPマシンを1/80秒というスローシャッターで、それもカメラを
斜めにして流し撮るって難しい・・・ってか無理。
自分の技術ではコレが精一杯。
12101911


なので、シャッター速度を現実的な速度に引き上げ、カメラも普通に構えて流し撮る。
12101921


12101931


12101941


12101951


12101961


12101971


12101981


12101991


121019101


121019111


121019121


121019131


121019141


121019151


121019161


121019171


121019181


121019191


121019201


121019211


121019221


121019231


121019241


121019251


121019261


121019271


121019281


121019291


121019301


121019311


121019321


121019331


121019341


これにてmotoGPネタはお終いお終い。

| コメント (0)

2012年10月17日 (水)

motoGPの舞台裏

のんびりしてると今週末にはマレーシアGPが始まっちゃうので、サクサクいきましょう!


motoGPの舞台裏に潜入開始!(←大袈裟?)
12101711_2


その前に、ちょっと寄り道。
そういや大型と牽引の免許を取得したんだから、こんなトレーラーも運転できるんだよな~
12101721_2


はいはい、舞台裏ね。
12101731_2


ピットから見るライダーさんたちはこんな感じ。
12101741_2


12101751_2


12101761_2


12101771_2


12101781_2


様々なチームが存在する中で
12101791_2


やはりロッシ効果によって、DUCATI チームのピット裏は
121017101_2


出待ちのファンで大賑わい!
121017111_2


こんな風に書かれているので
121017121_3


遠慮しながら進む(笑)
121017131_2


テント内で懸命に働くスタッフたち。
121017141_2


とっても整理整頓されてる、気持ちのよい空間。
121017151_2


あっ!?お宝発見。
121017161_2


これもお宝かな?
121017171_2


来期はYAMAHAブルーになる バレンティーノ・ロッシ 選手と
121017181_2


来期もDUCATIでの参戦が決まった ニッキー・ヘイデン 選手。
121017191_2


お次はCRTカテゴリの NGM Mobile Forward Racing チームに潜入してみる。
121017201_2


こちらは鉄人 コーリン・エドワース 選手の在籍するチーム。
121017211_2


体力も凄いけど
121017221_2


モチベーションを維持し続けられるのが何より驚き!
121017231_2


とってもフレンドリーなこの方は、ロリス・カピロッシ元選手の・・・あれ? 弟さんだっけ? お兄さんだっけ?
121017241_3


続いては Avintia Blusens チームに潜入。
121017251


イヴァン・シルバ 選手のマシンと
121017261


ヨニー・エルナンデス 選手のマシン。
121017271


シャッターが閉められたピットの中でも、懸命に作業は続く。
121017281


白い工具箱ってのもオシャレだなぁ~
121017291


なにやら複雑なデータを元に
121017301


走行時間は終了したのにレーシングスーツも脱がずにミーティング中。
121017311


そうこうしてるとmoto2クラスの走行が始まった。
121017321


このクラスも白熱してて見応え充分!
121017331


121017341


121017351


121017361


とまぁ、ざっくりとだけど舞台裏の一部を紹介。

| コメント (0)

2012年10月13日 (土)

内側から見るmotoGP

今シーズン、現時点でランキング4位のAndrea Dovizioso選手と7位のCal Crutchlow選手。
好調な二人のライダーを擁する名門チーム Monster Yamaha Tech 3
午前中のフリー走行から午後の予選まで、なんとピット内から観戦させていただきました。


そりゃもう 『ほー』 『へー』 と、驚きと感動の連続です!
12101311


12101321


ヘアスタイルに特徴のある(笑)クルーチーフのGuy Coulonさん。
この人がモニターを眺めているのはテレビでも良く目にする光景。
12101331


ライダーがピットへ戻って来ると、ブリヂストンのスタッフがすかさずタイヤ温度をチェック。
12101341


12101351


12101361


アンドレア・ドビツィオーソ選手の椅子。
12101371


12101381


12101391


121013101


121013111


121013121


121013131


121013141


121013151


121013161


今一つセットアップが定まらなくて苦労している感のあるドビツィオーソ選手。
表情も険しい・・・
121013171


あれ?
121013181


険しくは・・・ないな(笑)
121013191


お約束の逆さ被りをして
121013201


はいポーズ!
121013211


一方こちらは、カル・クラッチロー選手のクルーたち。
121013221


121013231


121013241


121013251


こちらは調子よさそう。
フロントブレーキへの負担が大きいコースだけに、ライディングスタイル(突っ込み重視orコーナリング重視)と
ライダーの体格によって明暗が分かれそうな予感・・・
クラッチロー選手は小柄なので優位性が高いのかも?(あくまでも推測ね)
121013261


121013271


フロントフォークスプリングの交換が
121013281


たったの1分!
121013291


121013301


121013311


121013321


121013331


121013351


見事予選3位のフロントロー獲得、おめでとぉー!
121013361


注目度の高いチームだけにインタビューも多い。
121013341


サインエリアで働くクルーたちと
121013371


影で支えるステキな女性クルーたち。
暖かく迎えて下さり本当にありがとうございました~
121013381


他のチーム内の模様や走行シーンなど、図々しく入り込ませていただき撮影した写真は数知れず。
なので何回かに分けて掲載しよっと。

| コメント (0)

2010年7月13日 (火)

またもや雨の筑波サーキット

またもや 雨に見舞われた KUSHITANI RIDING MEETING
朝のミーティング時から既に雨がパラつき、9時から始まった走行の前半だけはかろうじてドライだったものの
途中から一気に降り出してしまった。
そして残念ながら終日ウェット・・・


朝の風景。
今回もゲストライダーとして参加した 青山周平選手D;REX 代表のTOYOさんが作った空冷ドカに興味津々!?
1007131_s


今回マーシャルカーとして用意されたのはBMW S1000RR
まずは周平くんのライディング写真。
1007132_s


こちらは、マイクや拡声器を手にMCからマーシャルライダーまで務め、大忙しの一日を送った 松下ヨシナリ選手
そして彼のライディング写真。
1007133_s


続いて自前のS1000RRに乗る私。
1007134_s


路面はまだドライだったけどヘルメットに当たる雨粒がなんとも嫌な感じ。
1007135_s


小雨の影響により路面が湿り、もしかしたら滑るかも?
1007136_s


けれど、DTC(トラクションコントロール)の介入タイミングや作動量は熟知しているので安心してアクセル全開!
1007137_s


A~Fまである今回の各走行クラス。
『せめて1本くらい皆さんがドライで走れれば・・・』 との願いは叶わず、空は暗くなり大粒の雨が落ちてきた。
1007138_s


『あ~あ』 と空を見上げる私。
1007139_s


その後は用意いただいた S1000RR や Multistrada 1200 に乗って先導のお手伝い。
10071310_s


こんな路面状況になると、このバイクが一番ラクに速く走れるかも!?
10071311_s


次回の開催は9月14日(火)
今度こそドライで走れるよう今から祈りつつ、皆さんまたお会いしましょう!

| コメント (4)

2010年6月19日 (土)

タイヤあれこれ

ミシュラン・ピレリ・ブリヂストン・ダンロップなどなど、インプレのお仕事をいただくようになったお陰で、随分と
色んなタイヤを体験させて貰ってます。
今どきのタイヤって昔と違って、許容レンジが広く、本当にどれも良く出来ているのが現状。
そして、ここ最近のモデルではタイヤごとの個性が強く現れているのが大きな特徴。
それによってライダーは、より自分好みのタイヤをピンポイントで選べるようになった・・・ってなワケです。


そこで私も個人的な好み優先でピンポイントタイヤ選び。
交換する車両はブリヂストン BT-021を履いている XJR 1300
1006191_s


交換作業をお願いしたのは SUNNY RIDE さん。
いつものコトながら、迅速且つ丁寧な作業は見ていて惚れ惚れするほど。
1006192_s


この車両の使用形態にマッチしていると判断したのはメッツラー レーステックK3
1006193_s


冷めた状態でもグリップ感が伝わり、暖まるまでの過程でも操縦性に変化が少なく、暖まりも早い。
それでいてサーキットでの走行にも耐えてくれるから、気負わずに安心して付き合えるところがお気に入り。
1006194_s


BT-021では190/50だったものを、K3では190/55へと扁平率を変更。
その為、リアの車高が上がったので単純に比較はできないけれど、車体の軽快感が増し、中高速コーナーでは
前後輪を路面に強く押しつけながら気持ち良くグイグイと旋回してくれる。
ただ、低速コーナーでは何故かアンダー傾向が強まってしまい、狙ったラインを外すコトがしばしば。
大きな問題ではなさそうなので、空気圧や車体姿勢を見直せばOKかな?

| コメント (2)

2010年6月13日 (日)

無事完走~

参加したレースは青木拓磨さんプロデュースのミニバイク耐久レース “レン耐” と判明。
参加してみての率直な感想は・・・
『いいわぁ~コレ』
って感じでした。

敷居が低く、誰もが気軽に参加できるイベントでありながら、尚且つベテランも楽しめる。
そんなレースです。
レースである限り避けては通れない危険を極力回避するために独自のルールとして 『やってはいけないコト』 が
明確に定められており、適度な緊張感を伴いつつも皆で楽しめるという絶妙な味付けがなされたレースでした。


貸与される車両は50ccと100ccのホンダ エイプ(それぞれ表彰は別々)
1006131_s


転んだら問答無用で5,000円の罰金を徴収されるとか、タスキを付けた初心者ライダーに接近走行や接触をして
もしも転倒させてしまったら一発失格とか、白熱しすぎないような工夫がされている。
1006132_s


我がチームが抽選で得た車両は50ccのエイプ。
↓コチラは声を掛けてくれた “ほりこしくん”
1006133_s


↓コチラは今日が榛名初走行の “たかはしさん”
1006134_s


↓コチラはメタボくん・・・じゃなかった “しばたくん”
1006135_s


私もちょいとばかり出演 (photo by たかはしさん)
1006136_s


この耐久レースの醍醐味は、ライダー交替時に課せられる様々なお題。
『漢字の読み』 とか 『腹筋30回』 とか 『スクワット10回』 とか 『せんべい早食い』 など、ランダムに発せられる
課題をクリアしなければ次のライダーがスタートできないという面白い仕組み。
1006137_s


パドックにいる時は色々と写真撮影の勉強。
↓コチラはスローシャッターでズーミングしながらの撮影。
1006138_s


↓コチラはスローシャッター+ズーミング&流し撮り。
1006139_s


そんなこんなで、あっと言う間に4時間が過ぎ去り、和やかな表彰式がコース上で開催。
10061310_s


いやぁ、すんごく楽しいイベントでした!
10061311_s


こういったイベントがもっと増えてくれたらいいなぁ~

| コメント (8)

2010年6月12日 (土)

コソ練

なにやら・・・
明日は榛名モータースポーツランドで開催される4時間耐久レースに出場するらしいワタシ。
乗る車両はホンダのエイプらしいのだが、そもそも榛名モータースポーツランドを走ったコトが無いワタシ。
さて、どうしましょ!?


『さすがにマズイよなぁ~』
と、思っていたら、マシンを貸してくれると友人から連絡をもらったのでコースへGo!
1006121_s


まずはピットの上からコース見学。
1006122_s


お借りしたNSFに跨り、慣れない逆シフトを確認。
1006123_s


さて、いよいよコースイン。
1006125_s


コースに出たら速い人の走りを後ろから見てライン取りの勉強。
1006126_s


そして実践。
1006127_s


寝かさないと小回り出来ないが、素早い旋回をしようと思って寝かし込み過ぎると失速して加速が鈍る。
そんなこんなで、ライディングフォームも変更しつつ試行錯誤しながらの走行。
1006128_s


ひとまず、初乗りで52秒台。
この調子ならば、声を掛けてくれた仲間たちの役に立てそうで一安心。
でも、ミニバイクも奥が深いな~

| コメント (0)

2010年5月16日 (日)

今日もたっぷり走行

本日も晴天なり。


部屋のテラスから見た風景。
1005161_s


和倉温泉の美湾荘に集った50台以上のバイクたち。
今回もまた大盛況!
1005162_s


“ツインブリッジのと” を渡り能登島へと上陸し、グルッと回ったら “能登島大橋” を渡って戻り、海沿いを南下。
海の向こうには立山連峰が微かに見える。
1005163_s


二日目は高速道路を多用したものの、長距離ツーリングに皆さんお疲れ気味。
とくに前傾姿勢のキツいモデルに乗るライダーさんはご覧の通り(笑)
1005164_s


全員無事に群馬へと戻ってきて解散。
なぜか?体力の有り余ってる私は更にソロツーリング開始!
1005165_s


一般車のいない夕暮れ時の峠を気持ち良く走って榛名山へ。
1005166_s


日没直後の榛名湖畔。
1005167_s


よく見ると・・・
月と金星が並んで光ってる。
1005168_s


そんなこんなで、バイク乗りにとっては最高の季節を思い切り堪能できた週末でした~
参加者の皆さま、お疲れ&お楽しみさまでした!

| コメント (0)

2010年5月15日 (土)

いざっ、能登半島へ!

ヤナセオートさんの合同(DUCATI店・BMW店・ハーレー店)ツーリングに参加。


目的地は一緒だけど、ツーリングコースは各店舗まちまち。
私はトップケースを取り付けたXJRを駆ってDUCATI店のコースに参加。
1005151_s


上信越道から長野道へと入り、善光寺平を眺めつつ松本インターへと向かう。
1005152_s


松本からは一般道を走り、安房峠を超えて飛騨高山へ。
1005153_s_2


お次は白川郷。
1005154_s


合掌造りの家々が立ち並ぶ街並みを散策。
1005155_s


ここを訪れたのは20年ぶりくらいだけど、当時よりも観光地として綺麗に整備されていた。
1005157_s


何よりも驚いたのは外国人観光客の多さ!
1005156_s


その後は一気に能登半島を目指し、全員無事に宿泊地へ到着。

| コメント (2)

2010年5月11日 (火)

雨の筑波サーキット

筑波サーキットで開催される2010年第1回目の KUSHITANI RIDING MEETING に参加。
サーキット走行のイベントとしては、それなりの歴史を刻み、多くのライダーに認識いただけているので
今さら説明の必要はないかも知れませんが
『純粋にサーキット走行を楽しみたい!』 と考えるライダーから
『スキルアップしてタイムを短縮したい!』 と願うライダーまで
細分化された走行クラスと相まって、誰もが楽しめるイベントです!


先導&フリー走行用にS1000RRを持ち込んでみたものの、朝から生憎の雨。
トラクションコントロールが付いているから雨でも安心して走れるんだけど、今週はこの車両でロケを行う予定
なので、汚しちゃうと掃除が面倒だからNewツナギとS1000RRは出番なし。
なので先導走行は用意いただいたDUCATI 1198S・848・ストリートファイターを乗り回させていただきました。
1005111_s


今回は雨のため少々予定変更。
20分×3本の走行枠を2本に減らし、空いた時間を利用してバンやワゴン車を出動。
先導役を勤めた4人のライダーが運転手となり、それぞれの車両に参加者の方々に分乗していただいて
実際にコースを走りながらライン取りや注意ポイントなどをレクチャー。
コレがまた大好評!
何度も乗ってくださる真剣な参加者さんたちも多く、長蛇の列が出来るほどの好評ぶりでした。
1005112_s


麺や紅丸 さんの移動販売車の前に周平くんの大きな立て看板発見!
実物大かと思いきや・・・実はこの看板、実物よりも微妙に身長が高いのだ!(笑)
1005113_s


先導役を務めた三人の豪華ゲストライダー・・・と、豪華ゲストライダーじゃないワタシ。
左の頭が尖っている?御方が鈴鹿8耐優勝経験者の 生見友希雄選手
その隣が2005年2006年の全日本ST600チャンピオンの 安田毅史選手
そのまた隣がMoto GP 250ccクラスで活躍した 青山周平選手
1005114_s


筑波サーキットで行われるこのイベントは今年も5月7月9月11月と、4回ほど開催される予定です。
興味のある方は是非ご参加くださいませ~

| コメント (8)

より以前の記事一覧